身近な口内の病気

根元を引っ張る方法

通常は虫歯が悪化すると、歯茎の上にある歯冠がほとんどなくなってしまいます。
さらに歯の根元まで虫歯が進むと、抜歯をしなければいけません。
エクストルージョンという方法を使うと、歯茎の下に埋まっている根元を露出させることができます。
露出した根元を土台に被せ物を作れば、抜歯をする必要がないという仕組みです。

年齢を重ねてからも、自分が本来持っている歯を維持したいと思っている人が多いでしょう。
エクストルージョンという治療方法があるので歯科医に相談してみてください。
他にも虫歯を治療する際に、クラウンレングスニングという方法が使われる場合もあります。
エクストルージョンとクラウンレングスニングの違いは、それぞれの適応力です。

歯冠を延長する

クラウンレングスニングは、歯冠延長術と呼ばれることがあります。
このような名前になると、少し意味を理解しやすくなるかもしれませんね。
もう少し詳しく説明すると、クラウンレングスニングでは歯茎を少し下げます。
歯茎の下にある根元が現れ、そこに被せ物を作るという方法です。
内容自体はエクストルージョンと似ていますが、微妙に異なる部分があるので全く同じではありません。

虫歯になってこのような治療が必要になった時に、どちらの方法が良いのか医師に詳しく話を聞いてください。
正しい知識を持っている医師なら的確に判断して、ふさわしい方法で治療してくれると思います。
虫歯の症状が見られた時にすぐ相談できるよう、身近にある歯医者を探しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る