病気になってしまった場合

エムドゲインという方法

歯に違和感を抱いたら、歯医者で詳しい検査を受けましょう。
その結果、歯槽膿漏や歯周病だと医師に告げられるかもしれません。
悪化した歯槽膿漏や歯周病は抜歯をしなければ治らないというイメージを持っている人が多いようですが、それは間違っています。
今は骨を再生するエムドゲインという方法が登場しており、その方法を使えば抜歯をする必要がありません。

簡単に説明すると、エナメルマトリックスタンパク質という成分を患部に塗り、病気が原因で失われた骨を再生する治療です。
歯槽膿漏で歯槽骨が部分的に溶けている時は先に歯茎に治療を行い、エムドゲインを塗ると数か月で歯槽骨が回復すると言われています。
適応できない歯槽膿漏の症状もあります。

歯を固定するための道具

今は歯槽膿漏や歯周病の治療を進める時に、ウイングロックという金具が使われています。
歯槽膿漏や歯周病になると歯茎が弱り、次第に歯が揺れ動くようになります。
そのままでは落ちてしまいますが、ウイングロックで揺れている歯と健康な歯を繋ぐと、揺れている歯をしっかり固定できます。
揺れがなく固定できれば抜歯する必要がなくなるというわけです。

歯の治療をしている途中でブリッジが折れたり、外れたりして新しいブリッジが必要になる時があります。
ブリッジは、そう簡単に作れるものではありません。
そうなった時の応急処置として、ウイングロックが使われます。
このようにウイングロックは、様々な場面で応用が効くと覚えておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る