抜歯をしなくてもいい治療法はあるの?

できる限り抜歯したくない!どんな治療が考えられる?

症状ごとに治療が異なる

歯槽膿漏や歯周病になり、症状が悪化すると歯を抜かなければいけません。
今は病気になった原因を除去したり歯を固定したり、骨の再生治療を行ったりすることで抜歯しなくても良くなりました。
ウイングロックという金具を使い、歯を固定することでも治療できます。
抜歯が嫌で、なかなか歯医者に行けなかった人もいるでしょう。
現在は治療方法が増えているので歯槽膿漏や歯周病かも知れないと思ったら、早く歯医者に行ってください。

これまでは悪化した虫歯も、抜歯が必要と言われていました。
今はエクストルージョンやクラウンレングスニングという治療で、抜歯を回避できています。
技術と知識を持っており患者のことを第一に考えている医師なら、できるだけ抜歯をしないで治療を進めてくれるはずです。

何よりも重要なのは、抜歯レベルまで悪化させないことです。
どのような場合でも、口内の異変が気になったら早めに歯医者へ行ってください。
特に虫歯なら初期の段階だと削って治療をするだけで済むので、自分の歯を守れます。
治療中の痛みも最小限に抑えられますし、メリットが多いですね。
簡単な治療で済むように、自分が虫歯になっていることに気づきましょう。
最新の治療ができるよう、設備が整っている歯医者に行くことも重要です。
設備が整っていないと、どうしても昔ながらの治療になり、抜歯が必要となる場合があります。
最新の治療ができるのか、ホームページを見てチェックしましょう。

TOPへ戻る